潜在意識 認識 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいなりさんのココロのセラピー

ココロがホロホロほどけていく。ココロのセラピーは、セラピストおいなりさんが送る心理療法のブログです。

「願望実現は難しい」と考えさせている理由

潜在意識

「願望実現は難しい」と考えさせている理由


が今回のテーマです。

 

「何か難しい事をやらないといけない」

 

そう考えていると、願望実現はほぼ不可能です。しかし、私たちはとかくそれをしがちです。

 

私たちの潜在意識は、難しいことはほとんどやりません。

 

「願望を実現させるためには、新しい事を学ばないと自分が変化できない」

 

「願望を実現させるためには、新しい事をやるのは大変な事だ」

 

こう考えている限り、願望は実現しません。


願望が「実現する」ことに意識が行き過ぎているからです。

 

実現している人は、「実現する」ことよりも「実現しない」ほうに意識が向いています。

 

「願望を実現しないためには、人生を人の言いなりに言う通りに生きる必要がある」


「願望を実現しないためには、自分の心の声を聴かない必要がある」

 

こう考えると

 

「願望実現ってしないほうが、するよりも難しいね」と思えるようになります。

 

「自分の思ったことをやるだけなのに、自分が思っていないことをやるほうが難しいじゃん。」

 

と理性と潜在意識の認識が共通化すると、あなたの行動力は自然と足をすすめるのです。

 

これが願望が実現する基本的な認識パターンです。そのため、

 

「願望実現=何か特別なことをする」と思い込んでいる人ほど、願望実現は難しいのです。