潜在意識 認識 

おいなりさんのココロのセラピー

ココロがホロホロほどけていく。ココロのセラピーは、セラピストおいなりさんが送る心理療法のブログです。

【目標達成】どうしてあなたの目標は3日坊主になってしまうのか?

どうしてあなたの目標は3日坊主になってしまうのか?

 

皆さんこの文章を読まれているということは、挫折の経験があると思います。

私も今までよくありました。

目標を立ててすぐの時には、計画通り実行でき、充実しているのです。

だけど、それから3日ぐらいたつと、なんか飽きてしまう。

そして、1週間たつと、やろうとは思っているけど、やれない。

どうして、このような挫折が起こるのでしょうか?

 

 

3日坊主は、酔いと同じ状態

初めに言ってしまうと、3日坊主というのは自分に酔っていることがほとんどなのです。

目標達成のために、新しいことをすると、私たちに興奮状態が起こります。

どうして興奮するのでしょうか?

旅と一緒で、私たちは見知らぬ土地を訪れると、地図を見たりして、新鮮に感じます。

学校のクラス替えや異動で新天地に行った時も、これと同じことを感じた事ありませんか?

 

私たちは、新しいことを知る、経験すると興奮するのです。

 しかし、この経験と興奮がいつまでも続くわけではありません。

一週間ぐらいたつと、私たちの「行動」は「日常」に変化しているのです。

 

例えば、腹筋を10回するという目標を立てたとします。

最初の1~3日は、目標通りに実施します。

4日以降は、「明日やればいいや」と後回しにする。

この「明日やればいいや」が起こった原因は、「新しいことを始めた自分に飽きた」からです。ここで、腹筋10回は、「新しく始めたこと」から「日常」に変化しているのです。

 

新しく始めたことが「日常」に変化したとき、私たちは新鮮さから、得ていた興奮を失うため、私たちは新しく始めたことをやめてしまうのです。

 

以上が、3日坊主の本当の原因なのです。

 

飽きずに2週間位続けるコツ

3日坊主をやめるために必要なことのひとつは、この「変化点」に気づくことです。

「忙しいからやらなかった」「やりたくなくなった」という本当の原因は、「飽きてしまった」ことが真の原因なのです。

 

「忙しいから」やらないわけではないのです。「つまらないから」やらなくなったわけではないのです。「新しいことが新しくなくなったから飽きた」のです。

 

そこに気づけば、あなたは、3日坊主から2週間坊主ぐらいには、変わることができます。

 

次回は、「永続的に実施していくコツ」を紹介します。