潜在意識 認識 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいなりさんのココロのセラピー

ココロがホロホロほどけていく。ココロのセラピーは、セラピストおいなりさんが送る心理療法のブログです。

【潜在意識】3日坊主をなくすために必要な取組み

 

その1.刷り込み


朝になり、昼になり、夜になると、私たちは寝ます。
寝る理由は、いろいろあるのですが、習慣になっているからです。
朝から夜になるという分かりやすい変化があるので、私たちは、夜になると寝てしまうのです。


では、ずっと「朝みたいな状態」が続くとどうなるでしょうか?
私たちは規則正しく寝ることができなくなるのではないでしょうか?

 

このように、

 

私たちの習慣は「当たり前だと感じていること」+「行動」を伴うと、習慣にしやすくなります。

 

例えば、「ご飯を食べた後、歯を磨く」方で、1日3食とっている方は、3回歯を磨きます。普段そういった行動をとっている人が、食後、歯を磨かないとどうなるでしょうか?


何か普段と違う気分が起こり、最終的に違和感を覚え、歯を磨こうとするのではないのでしょうか? 私たちはこの違和感がきっかけで、補正し、行動に起こすのです。


3日坊主もこの普段とっていない行動がきっかけで起こります。

 

普段とっていない行動:違和感→「補正」→元に戻す行動
3日坊主:普段とっていない行動→違和感→「補正」→元に戻す行動

 

普段とっていない行動を習慣にするには、普段とっている行動の後に抱き合わせで行動するようにすればいいのです。

 

例えば、歯磨きだけでなく、歯間ブラシを使うことを習慣化したい場合、「食後に歯を磨く」から「食後に歯と歯間ブラシを使う」にして、行動すればいいのです。


これらの刷り込みは、食後、入浴後、睡眠前、起床後などにおすすめです。

 

しかし、これだけだと、潜在意識の波にのまれ、3日坊主に戻るでしょう。次回は、潜在意識に浸透させるために必要な「ある行動」を紹介します。