潜在意識 認識 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいなりさんのココロのセラピー

ココロがホロホロほどけていく。ココロのセラピーは、セラピストおいなりさんが送る心理療法のブログです。

ミラクルクエスチョンで人生の悩みを解決する

能力に気づくことができるのか?自分の望みの生活を送るようにするのか?

それが私が本書にも書いている「ミラクルクエスチョン」です。

このミラクルクエスチョンは、皆さんに「質問をする」ことで誘導するものになります。なので、車を運転中に聞くなどの行為はやめてください。

今から1度通しでやってみますので、最初はイメージしてみて下さい。次にもう一度やりますので、そのときに記入してみて下さい。

1.まず、あなたが抱えている問題をかいてみて下さい。

2.次に、その問題が、あなたが寝ている間に解決してしまいました。そのとき皆さんは、どのような生活をしているのかイメージしてみて下さい。

3.あなたはいつもと違うどのようなことをしていますか?

4.あなたの容姿はどのような服、髪、容姿をしていますか?

5.あなたの周りでどのようなことが起きていますか?

6.あなたの生活はどのように変わっていますか?
その中で無理なく、あなたが出来そうなことを早速実践してみて下さい。

今回は、皆さんにこのミラクルクエスチョンをかいたテキストを用意しましたので、実践してみて下さい。

私は、このクエスチョンを、自分が成功するまで何度も何度も実践しました。

ここで大事なことは「相手に伝わるレベルまでしっかり書いて落とし込むこと」です。

これは、かなり難しい作業です。

私たちはよく、落とし込む作業が自分一人ではなかなかできないのです。

このミラクルクエスチョンで、私は、ものすごく重要なことに気づいたのです。

人間は自分の姿が見えません。

なので、鏡やビデオなどで見ないと自分の姿形というのはわからないのです。

よく目標達成術などのワークで「具体的に書いてみてください」と書いてありますが、具体的とはどういうことなのでしょうか?私はこれに関しては違うと思います。

目標を達成するためには、目標に対するイメージを人にも伝わる臨場感で描くことが重要になります。

例えば、桜と街並みがある背景。

普通の人なら、「桜が散っている」というかもしれません。

ここで、数字で書いてみます「桜の木が5本あり、それぞれ散っている」

しかし、これでイメージは伝わるものなのでしょうか?

私は伝わらないと思います。

先ほどの背景を参考に私が描写してみます。

「桜の木が5本ある。

一方通行で車1台分しかない幅で、道はコンクリートで舗装されている。

160センチほどの灰色のブロック塀がある。

舗装されたコンクリートとブロック塀は、熱を持っており、あたりは晴天だ。

雲一つない空で、4月の初旬とは思えないほど熱い。あたりに子猫がいるのか、猫の鳴き声がする」

これが相手に伝わる臨場感なのです。